電力自由化は消費者にとってプラスです

これまで電気を使いたいと思ったら、その地域を管轄している電力会社としか契約が出来ませんでした。他に良いなと思った電力会社があったとしても、契約する事は不可能でした。ですから電力会社は自動的に契約してもらえるので、特に営業活動のようなものをする必要がありませんでした。それが故に電力会社は値下げなどの企業努力をして来なかったので、私たち消費者はこれまで不利益を被る事が多かったと言えます。所がこのほど始まった電力自由化によって、地域外の電力会社とも契約が出来るようになった事により、私たち消費者は不利益を被りにくくなりました。電力自由化が始まった事で、電力会社は企業努力をしないと、他の電力会社にお客様を取られる恐れが生じました。そこで電力会社は値下げなどのサービスを強化せざるを得なくなり、それが私たち消費者にとってプラスとなってくれる公算が高くなりました。

電力自由化によって異業種が参入しました

私たちが日常利用している電力は、これまでは電力会社しか販売する事が出来ませんでした。ですから電力会社は電力を独占的に販売する事が出来るので、これまで多大な利益を得て来ました。しかし電力会社が多大な利益を得るという事は、私たち消費者は逆に多大な不利益を被って来たと言えます。ですがこんな電力会社にとって有利すぎる環境が、終わりの時を迎える事となりました。この度開始された電力自由化によって、これまで電力会社しか販売できなかった電力を、他の業種も販売できるようになりました。これによって電力会社と他の業種との競争が激しさを増す事となり、それが私たち消費者にとって利益となる見込みとなりました。この電力自由化が始まった事によって、私たち消費者はやっと、不利益を被らずに済む事になりそうです。これまでの不利益を利益に変える為にも、私たち消費者はこの電力自由化に強い関心を示さなければいけません。

電力自由化で契約する会社は賢く選ぶべきです

これまで電気というのは、住んでいる地域を管轄している電力会社と契約すれば良かったので、電力会社を選ぶ必要がありませんでした。しかし電力自由化によって、他の電力会社や新しく参入してきた会社から契約先を選ぶ必要が出て来たので、私たちは賢く選ぶ必要が出て来ました。電気料金が安くなればいいと考え、電気料金が一番安い会社と契約しようと考えている人がいるかもしれません。ですが電気料金の安さだけに着目して選んではいけません。もし電気料金が安かったとしても、電力供給が不安定で頻繁に停電になる様では、日常生活に支障が出る事になります。これではいくら電気料金が安かったとしても、契約した事を後悔する事になってしまうはずです。電力自由化によって、私たちは電力を供給してもらう会社を自由に選べるようになったのは良いのですが、賢く選ばないと後悔する事になってしまいますから、契約する時には十分注意を払う必要が出て来たと言えます。

電話でのサポートは10時~18時となっております。 料金メニュー幅も広がっていますのでどうぞご利用ください。 人件費などの固定費を抑えることでコストを削減しています。 お困りの際はお気軽にお問い合わせください 当社はどれだけコストカットできるか一緒に考えます。 法人基本プランには契約期間はございません。 電力自由化の解説をサイトでおこなっています。 電力自由化の料金シュミレーションはこちら